×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

名言会話1

 昔か今か、とある日のことだった。

 ある若い男性会社員2人が居酒屋に来店した時のこと。

 カウンターに座ったその2人。この時、カウンターいた店員は気付かなかったのだが・・・

 2人の会話の中に、“名言”が隠されているのを、皆さんは見つけることができるだろうか―――――







 「有美ちゃん・・・だっけ? 付き合ってる彼女の名前。どんな子?」
 「メロメロだよ俺〜。全部好きだけど、天然なところがもう余計にカワイイんだぁ」
 「はぁ・・・いいよな、幸せで。そのカワイイ彼女に貢ぎすぎないように注意しろよ」
 「貢ぐって・・・悪い言い方だな。せめて“与える”って言ってくれ。それにお前一番モテ男じゃん。女子社員みんなお前のことカッコいいって騒いでるし、その中に美人さんもカワイイ子もいる。彼女作ろうと思えばすぐできるはずなのに、何で作ろうとしない?」
 「ルックスで選ばない主義なの俺は。お互い中身を好きじゃないと、恋愛って長続きしないだろ?」
 「もちろんそうだけどさ。まぁ俺だって、有美を顔で好きになったワケじゃない。天然だけど、素直で優しいところに惚れたっつーか。アイツ、いつもドジするし失敗するけど、一生懸命なんだよなぁ。
 それでいて笑顔がカワイイから、ついつい抱きしめたくなってそれから―――・・・」
 「・・・・・・・ノロけ話また始まった・・・」
 「じゃあ、お前の過去の恋愛事情どうだったんだよ? さすがに経験ないわけじゃないよな?」
 「・・・ないことはない、けど・・・。別に話すほどじゃねぇよ」
 「いいよそれでも〜。俺、イケメン君の恋愛の仕方知りたいな。俺ら一般人とやっぱ違うんだろうな」
 「変わらねぇよアホ。俺も一般人だっつーこと忘れんな。ごくフツーに何人かの人と付き合わせてもらっただけさ」
 「何人と付き合ったんだ?」
 「えっとー・・・・・20人は超すかな」
 「・・・流川楓と同じくらいムカつくよお前」
 「もう何回目だこの発言。スラムダンクオタクめ」
 「No! 言い方が違うぞキミ! わたしは“オタク”などではなく、ただスラムダンクが“好き”なだけの人間だっ!」
 「だったらさ、会社のみんなにキャラのプロフィールを熱く語るのは二度とやるなよ?」







 あなたには今、“夢”はありますか?

 「将来○○になりたい」 「お金を貯めて旅行したい」 「あの人と付き合いたい」etc・・・・・・

 でも、そんな夢も“見ている”だけで終わっていないですか?

 「こうなったらいいな」と思っているだけですか? 「自分には到底ムリだ」とすぐ挫折してませんか?

 ほら、彼らの会話によく耳を傾けて・・・・・・

 彼らは言っていますよ?


 【夢は見るものじゃない 叶えるものだ】 と。









あとがき

ハイ、沖川紗吏に改名して初めての小説です。
HPも改装したので、その記念に書きました。
遅くなって申し訳ありませんm(__)m
さて、この“名言”なんですが・・・・どこにあるかなんて気付く人はすぐ気付くはず。
よく使われますよね、言葉の隠し場所なんて(笑)
暇つぶしにでも、探してみてくださいね♪

ちなみに、【夢は見るものじゃない 叶えるものだ】っていうのは、テレビで言ってたのを使っただけです(え?
何の番組だったか、誰が言ってたかってのは覚えてませんww←

2011.08.13